読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレートの通販が激安価格っ♪

格安
それでも一応測定具ですから!精度面に掛けるカバーが付属していたら良かったかなぁと。値段が値段ですから真っ当な測定具としての精度を求めるのは酷ですが!測定具は測定具自体の誤差を把握していないと意味が無いので測定/修正してみました。これで平坦を測定すると痛い目に遭うかと。

こちらになります!

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

ストレートストレートエッジ 600mm STRAIGHT/16-6000 (STRAIGHT/ストレート)

詳しくはこちら b y 楽 天

なので、職人さんに頼んでキサゲで摺り合わせしてもらい、ベタ当りで平坦0.01mm/600mm以下に仕上げました。これで測定具としての精度は問題ないですが、素材が薄い為、熱変形が結構ありますので測定時は取扱いに注意が必要です。バイクのシリンダブロック等の平坦を見る為に購入しました。(これを校正と言う)まず表示精度は「全長で」0.01「%」ですから!600mmで0.06です。)今回は仕事仲間が面白がって色々校正してくれたので上々な精度が出ましたが(完全自己満足)!実際にバイクのシリンダブロックなんかではそこまで精度が必要でもないので素の状態でも目安としては使えるかと思います。私はグロメット(縁ゴム)でカバーしておきました。値段が値段ですので期待してなかったのですが、ちゃんとストレートエッジしてます。研磨加工で帰ってきた4発シリンダーヘッドにあてがってみました。高価なものでも測定器具は100%信用していませんが、これは当たりでした。。(室温20度でセットしました。で!レベル出しして平坦度0.005/mの定盤上で当りを付けた所!両端100mmの当りが強く!中間400mmは全く当たらず!0.05mmのシクネスが入る状態でした。